【女性にモテる話し方】ホストのマニュアルを公開

この記事を読めば→女性にモテる話し方がわかる

スポーツ選手、芸術家、お笑い芸人。

どんな世界にも、自分の得意な事でお金を稼いでいる、プロが存在します。

では恋愛で言うところのプロ、それはホストだと僕は考えています。

僕は実際に、ホストクラブで働いていたことがあるので、それを身をもって体感しました。

「もともとモテるやつが売れっ子になるんだろ、イケメンなら苦労しないよな」

そんな声が聞こえてきそうですが、実際そんなことはありません。

入店したてはパッとしなかった男性が、研修を経てみるみる成長し、いつの間にか数百万円の売り上げを上げるなんてことは、そんなに珍しいことではないんです。

ファミレスやコンビニと同じように、そこにはちゃんと、マニュアルがあります。

今回はそのマニュアルの一部を公開していこうと思います。

1.女性の話を聞く

え、当たり前じゃん!

そう思った方も多いかもしれませんが、これは基本であり、とても難しいポイントです。

よくこれを勘違いして、「好きな食べ物は?」なんて質問をしている男性がいますが、これは全くダメです。

なぜなら、他のほとんどの男が同じような質問をするからです。

その他大勢の、普通の男にセグメントされると言うことは、恋愛対象街になると言うことです。

大切なのは、「あれ、この人はなんだか違う」と特別感を持たせることです。

では実際に、どうすればいいのでしょうか?

それは、相手に話させる、と言うことです。

例えば、

「好きな食べ物は?」

「オムライスです。」

このようなやりとりになるところを、

「俺、オムライスが好きなんだよね」

「え!私も好きなんです!」

となるわけです。質問お答えを先読みし、相手の共感を得れば、あとは勝手に話してくれます。

こんなのわかるか!と思うかもしれませんが、慣れてくれば大体わかります。

それに、ピンポイントでこの会話だと外れることもありますが、下ではどうでしょうか?

「俺、休みの日には家にいることが多くてさ、料理したりするんだ。最近オムライスとか作るのにハマってるんだけど、焦げないように作るのがなかなか難しくてさ」

この文章の中には共感ポイントが複数あります。

インドア、料理、オムライス、焦げないように作る

このように散りばめればどこかしらに、私も!となるポイントがあるはずです。

インドアかアウトドアかは大体雰囲気でわかりますしね。

質問の答えを先読みし共感を得て、相手に話させる

これがモテる男の、話を聞くと言うことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました